第24回 講演会

20 2月

STネット第24回講演会が開催されました。

こんにちは!
平成28年2月20日(土)
八王子市学園都市センター 第一セミナー室にて、
STネット第24回講演会
が開催されました。

テーマは、「みんなで知ろう STのためのちょっと進んだICT」
ICTとは、Information and Communication Techonology
「情報通信技術」のことです。

プログラムは
①永生病院 白波瀬さん:ICT活用症例調査の報告
②東川代表:ICT活用症例の分類
③結ライフコミュニケーション研究所 高橋さん:
 ICT活用5症例の紹介、コンサルテーションシートの紹介、
 公的支援の利用について

白波瀬さんからは、ICT活用症例についての調査報告が行われました。今回の調査では、症例によってICT機器使用歴や介入内容などは様々であることが分かりました。まずはST・技術者がやる気を出すこと、ICTの知識・情報を得ることが大切!というお話でした。

東川代表からは、ICT活用症例の障害別の分類と、それぞれのタイプで重要となる点について説明がありました。

結ライフコミュニケーション研究所 高橋さんからは、ICTを活用している5症例を紹介いただきました。使用機器や導入の経緯など、ICT専門家の観点からお話いただきました。また、ICT導入の際使用している「コンサルテーションシート」の紹介、日常生活用具給付事業など公的支援についての説明もありました。

最後に質疑応答、北原国際病院小泉さんの解説付きでアンケートを記入し、終了となりました。
ブースでは、オフィス結アジアさんの商品「指伝話」「指伝話KiT2」の紹介がありました。ブースは、多くの方でにぎわっていましたよ!
訓練教材やAAC機器でのICT導入について、必要性は感じつつも踏み出せない…といった方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは一歩を踏み出そう!という熱い会になりました。
講演者の方々、ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました!